ごあいさつ

院長

あべ胃腸内視鏡・内科

院長 阿部 太郎

はじめまして。
私は2000年に医大を卒業し、無医村などに赴任しました。
その経験から、病気だけをみるのでなく、人を診ねばならないと学びました。地域医療に携わる中で、最先端の内視鏡(カメラ)が必要と全国有名病院へ武者修行に行くこととしました。
厳しく鍛えていただき、福岡徳洲会病院では多くの患者さんの診療・内視鏡をさせていただきました。
経験を重ね、消化器内科部長として診療しておりましたが、より患者さんを近くで診せていただきたいと思いこの度開院することとなりました。
苦しくない・最先端の内視鏡や、逆流性食道炎・胃炎(ピロリ菌)・血便・便潜血便秘など胃腸疾患はもちろん、内科専門医として高血圧・脂質異常・糖尿病高尿酸血症などの生活習慣病の治療を通じて信頼されるかかりつけ医になれるよう努力してまいります。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

患者様へ

胃カメラ・大腸カメラ検査はポピュラーな検査ではありますが、早期病変を見逃さずに尚且つ患者さんに負担の無い様に観察するには非常に高い技術が要求されます。当院では拡大内視鏡により病変をなるべく早期の段階で発見出来るように努力しています。知識と経験を活かした、安心・安全の医療を目指して治療を行います。

院長プロフィール

経歴

  • 2000年 自治医科大学卒業 県立宮崎病院で初期臨床研修
  • 2002年~2008年 地域医療機関勤務(所長・副所長)
  • 2005年 自治医科大学付属病院
  • 2008年 県立宮崎病院
  • 2010年 秋田赤十字病院
  • 2012年 福岡徳洲会病院 消化器内科
  • 2017年 福岡徳洲会病院 消化器内科部長
  • 2018年10月 あべ胃腸内視鏡・内科 開業

資格

  • 日本内科学会総合内科専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医
  • 日本糖尿病療養指導医
診療事前受付