胃カメラ・大腸カメラ
内視鏡検査

胃

こだわりの胃内視鏡(胃カメラ)

「二度と受けたくない内視鏡検査」
「受けて安心できる検査へ」

胃内視鏡検査はポピュラーな検査ではありますが、早期病変を見逃さずに尚且つ患者さんに負担の無い様に観察するには非常に高い技術が要求されます。
当院では拡大内視鏡により病変をなるべく早期の段階で発見出来るように努力しています。
知識と経験を活かした、安心・安全の医療を目指して治療を行います。

内視鏡ドクター
5つの工夫と技術で早期がんを発見できる!

「①苦しくない内視鏡」

当院では苦しくない内視鏡をめざしています。

いくら詳細で精密な検査でも患者さんが二度と受けなくなってしまっては患者さんのがん予防には役にたちません。
当院の内視鏡検査は鎮静剤を使い、眠っている間に検査を行います。
多くの患者さんにご満足いただいております。
また、鎮静剤を使用する事は患者さんがつらい思いが少なくなるだけではなく、検査中に胃の中の観察がしやすく、小さい病変も見逃しにくくなるという、患者さんにとって最も重要な部分でのメリットがある事を知っていただけたらと思います。
※鎮静剤を使用した場合、検査後に約1時間程度はお休みいただきます。十分に麻酔がさめた後にお帰りください。

苦しくない内視鏡を目指します

「②最新の内視鏡システムを常時使用」

内視鏡のレンズに加わったハイビジョンズーム機能では、従来の映像と比べ画像の密度が非常に高く、光学100倍拡大によって非常にリアルで鮮明な映像を得る事ができます。
また、NBIシステムでは、内視鏡機器の先端から発せられる人体に害のない特殊な光が体内を照らし、肉眼で見るより詳しく毛細血管を見ることができるため、粘膜に潜んだわかりにくい腫瘍も発見できます。

この二つの機能を同時に備えることで、今まで早期に見つけることが困難だった早期食道がん、早期咽頭がんの発見に圧倒的な威力を発揮しています。このシステムは、これまでの内視鏡検査と同様苦痛のない検査でありながら、さらに安全で精度の高い検査です。

NBIシステム 説明
  • NBI使用
  • NBI使用
  • NBI使用

「③検査後の不快感を抑えながら、胃のすみずみまで検査する工夫~炭酸ガス~」

内視鏡検査では、空気をたくさん入れて十分に膨らますことで、平坦な病変やひだの裏側に隠れた病変の発見を心がけます。
従来の内視鏡検査の場合は終ってからも、お腹の空気がなかなか抜けずに検査中だけでなく検査後までつらかった経験をした方もいると思います。
当院ではそのような事がないように、胃に送る空気には炭酸ガスを採用しています。

「④胃の凹凸にかくれたがんを発見する工夫」

胃の比較

30代~40代と比較的若い年代で発症する胃のスキルスがんは、胃の内壁にもぐりこんで広がっていくため『発見しにくいがん』と言われています。
特に内視鏡検査中にゲップの出やすい方は、胃を十分に膨らませながら検査を行えないため、胃のバリウム透視による検査も必要でした。
当院では、胃の内視鏡検査の際、のどぼとけの下の軟骨を軽く押さえる事によって胃を十分に膨らませた状態にし、ゲップのでやすい方でも、スキルスがんを少しでも初期段階で発見できるよう努めています。

首の下の器官を
軽くおさえて胃を膨らんだ
状態に保ちます。

診療風景

「➄ひだの裏側に隠れた部分まで検査する内視鏡先端の工夫」

当院では、内視鏡の先端にゴム製のフードを取り付けています。
これにより、拡大観察をより安定して詳細に行う事が可能になります。 また、食道の生理的狭窄部や消化管のひだの裏に隠れていて、今まで見えにくかった部分を見ることができます。 消化管を傷付けない弾力性のある軟性フードを胃腸内のひだにひっかけてめくることで、 限られていた観察範囲を改善しました。

実際の施術動画

内視鏡検査は原則予約制です。お電話、WEB予約で受け付けております。

WEB予約はこちら WEB予約はこちら

お電話でのご予約はこちら

ナント ロゴイーナ
TEL:092-710-6517
大腸の病気

安心の大腸内視鏡(大腸カメラ)

「二度と受けたくない内視鏡検査」
「受けて安心できる検査へ」

早期がん発見の5つの工夫

当院では院長が大腸内視鏡の全国有名施設で修練しており,高度な内視鏡技術を提供していきます。
患者さんにとって「良い大腸内視鏡検査」とは,まず、苦しくないことと考えています。
そして、はやく盲腸まで挿入できることも大事ですが,大腸癌になる方を早期発見して減らしていく高い技術も必要と考えています。

内視鏡ドクター

「①苦しくない内視鏡」

当院では苦しくない内視鏡をめざしています。

いくら詳細で精密な検査でも,患者さんが二度と受けなくなってしまっては、患者さんのがん予防には役にたちません。当院の内視鏡検査は鎮静剤を使い、眠っている間に検査を行います。
覚醒した状態での検査をご希望の場合でも、有名施設で学んだ軸保持短縮挿入法という大腸内視鏡挿入技術を用いており、これまでで一番楽だったと多くの患者さんにご満足いただいております。
※鎮静剤を使用した場合、検査後に約1時間程度はお休みいただきます。十分に麻酔がさめた後にお帰りください。
内視鏡検査は原則予約制です。お電話、WEB予約で受け付けております。

「②最新の内視鏡システムを常時使用」

内視鏡のレンズに加わったハイビジョンズーム機能では、従来の映像と比べ画像の密度が非常に高く、光学100倍ズームによって非常にリアルで鮮明な映像を得る事ができます。

大腸病変に対する質的診断では、通常観察に拡大観察を加えることにより正診率が向上するといわれており、私が特に研鑽してきた技術でもあります。検査において当クリニックでは優先して拡大内視鏡を用いています。
また、NBIシステムでは、内視鏡機器の先端から発せられる人体に害のない特殊な光が体内を照らし、肉眼で見るより詳しく毛細血管を見ることができるため、大腸粘膜に潜んだわかりにくい腫瘍も発見しやすくなる可能性があるといわれています。このシステムは、これまでの内視鏡検査と同様苦痛のない検査でありながら、さらに安全で精度の高い検査です。

「③検査後の不快感を抑えながら、大腸をすみずみまで検査する工夫 ~二酸化炭素使用と体位変換~」

大腸検査では、大腸に空気をたくさん入れて十分に膨らますことで、平坦な病変やひだの裏側に隠れた病変の発見を心がけます。

しかし従来は、検査後に大腸内に残った空気でお腹が張って苦しいということが多々ありました。
当院では、空気の代わりに、体に吸収されやすい二酸化炭素(ビールや炭酸の泡と同じ成分)を使用することで、検査後のお腹の張りを抑えています。腸管を十 分に膨らませて詳細な検査が実施できるのは空気と同様です。もともと腹腔鏡手術に使用された技術で、学会でも注目されています。
また検査中は、見落としがないよう、腸の中に溜まった液体を移動させるためや折れ曲がった腸を平坦にするためなどに、必要に応じて体の向きを変えさせていただいています。

「④挿入困難の患者様のためのカメラを用意」

内視鏡検査は、小柄・やせた女性や腸の長い方、おなかの手術を何度も受けた方では、痛みが出やすい傾向があります。

通常の検査の際には拡大内視鏡スコープで行いますが、体の小さな女性や過去の手術により癒着があり過去に痛くて奥までスコープが入らなかった患者さんにも対応できるようにしております。この細径スコープは受動弯曲機能が搭載され癒着(固定点)があったとしても患者さんの大腸に負担をかけることなく挿入できるのが特徴です。このスコープを採用したことで、大腸スコープが入りきらず、別の日に改めて行うことが0に近くなり、患者さんの金銭的、時間的、精神的負担を大幅に低減することができます。

「⑤高い大腸腺腫発見率」

大腸内視鏡検査の質を評価する指標のなかで腺腫発見率(adenoma detection rate: ADR)が最も重要視されています。

一回の内視鏡検査で大腸腺腫を1個以上発見する割合のことをいいます。
腺腫発見割合(ADR)が1%向上すると、大腸癌発生率を3%、大腸癌死亡率を5%下げるといわれています。一方,腺腫発見率(ADR)は内視鏡医により大きな格差があるとされ、当院ではより高いADRの為に、様々な工夫・努力をおこなっております。
大腸内視鏡は直腸からいったん大腸の一番奥にある盲腸まで内視鏡を挿入し、引き抜きながら大腸粘膜を観察していきます。この引き抜き・観察時間が6-7分程度はあった方が、病変の検出率を高めるといわれてます。無駄に患者さんの検査時間を長くすることなく、かつ小さな病変も見逃すことのないように、丁寧な検査を心がけています。
また、大腸内視鏡をただ引き抜いてきて観察するだけでなく、大腸の襞が深い部位である上行結腸では反転して(カメラをひっくり返す)襞の裏に隠れた病変がないか観察します。
直腸は大きな病変を見逃すと外科的人工肛門造設術が必要になる場合がありますので、直腸も反転して肛門のすぐ側にも病変がないかを観察します。
他にも通常の光での観察に加えてNBIシステムによる光での大腸粘膜の観察を行うことで、見逃しのない検査を心がけています。
当院では、内視鏡の先端にゴム製のフードを取り付けています。これは、腸のひだの裏に隠れていて今まで見えにくかった部分を見るための工夫です。腸内を傷付けない弾力性のある軟性フードを腸内のひだにひっかけてめくることで、観察範囲を改善しています。

実際の施術動画


  • 大腸内視鏡挿入法

  • 大腸ポリープの詳細拡大観察

  • 大腸ポリープの内視鏡的切除術

内視鏡検査は原則予約制です。お電話、WEB予約で受け付けております。

WEB予約はこちら WEB予約はこちら

お電話でのご予約はこちら

ナント ロゴイーナ
TEL:092-710-6517
診療事前受付